ウッドシェイクのひさし



パインツリーハウスの付け庇に使う瓦はウッドシェイク。


ウッドシェイクとは、ウエスタン・レッドシーダー(米杉)を斧で割って板状としたものです。(製材してもう少し薄い板にしたものはウッドシングルといいます。)


ウッドシェイクでつくられる屋根は不揃いの荒々しい表情がおもしろく、また時間が経てばシルバー色に変わっていく『経年美化』を楽しむことができます。




この荒々しさがいいですね。


板も一枚一枚大きさもカタチも違います。


なんと社長自らカットしながら貼っています。






北米ではすごく当たり前の屋根材で、高級住宅によく使われています。


日本では防火の関係上あまり施工されていません。


できるのですがものすごく費用がかかってしまうのです。


めちゃめちゃかっこいいんですけどね。






カルフォルニアパインに覆われたパインツリーハウス。


完成まであと少し。。。かな??

TOTAL HOUSING TOP collection

株式会社トータルハウジングトップ 松山市の小さなお家屋さんです。 経年美化にこだわった、また庭や景色を室内に取り入れた空間のプロデュースを得意としております。 しっかりとした構造に基づいた安心空間である、というのは当たり前の事です。その大前提の上に、いかに住む人の憧れを具現化していくかが私たちトータルハウジングトップの仕事であり、企業コンセプトです。

0コメント

  • 1000 / 1000