ZEH住宅普及率目標

わが国では、「エネルギー基本計画」(2014年4月閣議決定)において、『住宅については、2020年までに標準的な新築住宅で、2030年までに新築住宅の平均で年間の一次エネルギー消費量が正味(ネット)でゼロとなる住宅(「ZEH(ゼッチ)という)の実現を目指す』とする政策目標が設定されています。

経済産業省・資源エネルギー庁は、この目標に向けたZEHロードマップの検討を行い、そのとりまとめを2015年12月に公表しました。また、平成28年当初予算でZEHの自律的普及を目指して補助金事業の公募が始まるところです。

これを受け、株式会社トータルハウジングトップは、ZEHの2020年度までの各年度の普及目標を設定しましたので公表します。

また合わせて、『平成28年度住宅・ビルの革新的省エネルギー技術導入促進事業補助金(ネット・ゼロエネルギー・ハウス支援事業)』の交付要件である【ZEHビルダー】登録申請を行いました。



【トータルハウジングトップが手がけるZEH住宅普及率目標】



TOTAL HOUSING TOP collection

株式会社トータルハウジングトップ 松山市の小さなお家屋さんです。 経年美化にこだわった、また庭や景色を室内に取り入れた空間のプロデュースを得意としております。 しっかりとした構造に基づいた安心空間である、というのは当たり前の事です。その大前提の上に、いかに住む人の憧れを具現化していくかが私たちトータルハウジングトップの仕事であり、企業コンセプトです。

0コメント

  • 1000 / 1000