薪づくりを楽しむ

薪の入手ってどうするの??買うと高いの??

薪ストーブに憧れていても、「薪」の入手に不安を持たれている方も多いと思います。

実際買うと安くはありません。

私共の事務所でも薪ストーブを使っているので薪の入手は必要不可欠。

ではどこから手に入れたらよいのか。

その答えは。


実は明確な答えはなく、毎年毎年色々なルートや情報を入手してその都度「木」を手に入れています。

「木」も何でもいいわけではなく、できればカシやブナ、クヌギといった硬めの木がいいのです。

これらの硬めの木は燃焼効率がよく、また美しいメラメラとした柔らかな炎が楽しめます。

ちなみに先日「さくら」の木が入手できる情報が入ったので、それらを持って帰ってからどうするのかを説明します。

事務所に持って帰った様子です。

どちらにしても乾かさなければいけないのですぐには使えません。

使うのは1、2年後になります。

そこで、まずこの木の固まりをカットして、それから保存するようになります。




社長がこれらの木をチェーンソーでカットしていきます。

重労働かつ気の遠くなるような量との戦い。

しかしマラソンで鍛えているので平気平気!?(笑)



事務所でカットする場合もありますが。。。





別の場所で薪仲間といっしょに薪割機で割ることもやってます。




こんな大きな木も機械ならへっちゃら。




はいっ、一発で♪




こうしてどんどんどんどん割っていきます。



割った薪は事務所の裏や別の薪置き場にストックして、1年間乾かし、来シーズンまで静かに待ちます。



薪の準備は大変ですが、それを楽しむ時間と心の余裕がほしいものです。

またはその余裕をめざしたい。

そして自然に対する敬意と感謝も同時に感じることもできるのです。

どうですか?薪割りしてみたくなりましたか??

薪づくり体験してみたい方、手伝ってみたい方募集しております(笑)


また、トータルハウジングトップで薪ストーブ付きの家を建てていただいたお客様にはある程度の薪をプレゼントしております。

ぜひご検討を!!




TOTAL HOUSING TOP collection

株式会社トータルハウジングトップ 松山市の小さなお家屋さんです。 経年美化にこだわった、また庭や景色を室内に取り入れた空間のプロデュースを得意としております。 しっかりとした構造に基づいた安心空間である、というのは当たり前の事です。その大前提の上に、いかに住む人の憧れを具現化していくかが私たちトータルハウジングトップの仕事であり、企業コンセプトです。

0コメント

  • 1000 / 1000