大空間が可能になるTJI

先日上棟工事が行われたハートレディースクリニックさまの多目的ホールでは、大空間を確保するために「TJI」が使われています。

TJI(トラスジョイストアイビーム、I 型ジョイスト)とは、OSBとLVLの複合による構造部材です。

断面は「I」文字に見えるためI Beamと呼ばれます。

TJIはOSBの補強板(ウェブ)の両端に角材(フランジ)を組み合わせたラーメン構造となっており、角材にはLVL(単板積層材)が使用されます。I型複合梁とも呼びます。

このTJIは高性能でロングスパンを飛ばせるため、ツーバイフォー(ツーバイシックス)工法と合わせて使えば革新的に設計の幅が広がり、お客様の望むオープンで自由度の高い計画が提案できるようになります。


またTJIはウェブ部分(OSB)に配線・配管のための穴を開けても強度が変わらないという長所もあります。


ハートレディースクリニックさま邸ではこのTJIを使うことで、6m×5.5mという通常木造では不可能な空間を可能にしています。

以前に農業用倉庫を建てさせていただきましたが、この倉庫は中に柱無しで70㎡以上の空間が実現できております。(7.28m×10m)

また、鉄骨で建てるより費用も安くなり、木のやさしさや温もりも活かすことができます。



TJIの利点

・最大9m程度の床、12m程度の屋根を構成することが可能

・大きな穴あけ加工が可能なので、配管にも便利

・エンジニア―ドウッドなので、木造特有の反り、ねじれ、収縮が少なく高性能



トータルハウジングトップでは戸建住宅だけでなく大型施設や店舗なども設計しております。

お考えの方はぜひご相談ください。



TOTAL HOUSING TOP collection

株式会社トータルハウジングトップ 松山市の小さなお家屋さんです。 経年美化にこだわった、また庭や景色を室内に取り入れた空間のプロデュースを得意としております。 しっかりとした構造に基づいた安心空間である、というのは当たり前の事です。その大前提の上に、いかに住む人の憧れを具現化していくかが私たちトータルハウジングトップの仕事であり、企業コンセプトです。

0コメント

  • 1000 / 1000